世の中、そうそう無職にお金を貸してくれる消費者金融なんてありません。

もしいるとしたら、物好きな個人くらいだと思います。

個人には、信用情報だとか無職だからとかそういったことではなく、あなたの気持ちでぶつかれば、良い結果になるかもしれません。

転職を繰り返すほぼ無職に近い状態で生活費が困窮

転職を繰り返していた時期で収入が安定せず生活費に困窮したのが原因です。他にも車のローンや各種税金の督促が届き支払いが大きくなったのが原因です。

  • 購入した車のローンの支払い(月々4万円)が追い付かなくなりました
  • 各種税金の支払い督促が来たため(住民税・年金)
  • 収入が安定せず、毎月の支払プラス生活費が捻出できなくなった

転職を繰り返していて、次こそは稼げるようになるんだと意気込んでいましたがどの仕事も長く続かず、結果的に収入が安定せずに貯金も底をつきました。

毎月少なくなっていく口座の残高、毎月のように届く支払いの督促状、先の事を考える余裕もありませんでした。

深く考え込むことは正直そんなに記憶にありません。

ただ漠然とどのくらい働けばいくら収入があるという計算だけは毎日していました。

ところがそんな私でも借り入れをすることができ各種税金の支払いと車のローンが遅れていた分を取り戻すことが出来ました。

それに伴い、普段の生活も人並みになってきました。

ご飯を買う際も値下げ品ばかり狙っていましたが、少し贅沢をしたり我慢していたスイーツも少し食べれるようになりました。

気持ちに余裕が出来たためか、プライベートも少し充実しました。

また、体調管理に気を遣えたり部屋の掃除などをする時間も増え、気分転換もでき仕事をやろうという気持ちも芽生えました。

もし、あのときお金を借りることができていなかったら、様々な支払いの督促が届き、結果的には財産や給与の差し押さえになっていたと思います。

それを打破するために自己破産の申請もしていたかと思います。

そうなると完全にプライベートの自由がなくなり、友人との交遊も消え完全にやる気のでない仕事だけの毎日でふさぎ込んでいたと思います。

借金をしたことは家族には秘密にしていましたが、もしかしたら最悪、家族・両親にも迷惑を掛けいつまでも親のすねをかじるような生活になっていたかもしれません。

このままでは何も変わらない!と心に決めた

背に腹は代えられないというのがありました。

家族にも友人にも助けを求めることが出来ず解決するには借金という道しか残っていないと考えました。

私の悪い癖ですが、「今稼げていなくても次の仕事では稼げて苦しい生活も楽になる」という甘い考えを持っているのです。

抵抗はありましたが、必要最小限のお金だけ借りて後はすぐに返済してしまえばいいと甘く考え借金を背負うことになりました。

家族や友人にバレなければ自分でなんとか出来ると考えました。

お蔭で様々な支払いの督促が止まったので気持ち的にはかなり楽になりました。

携帯や車のローンの支払いで毎月、督促と共に支払いの意思を確認する電話もかかってきていましたが、それも止まりました。

なのでプライベートが少し充実しておかげで気持ちに余裕を持った就職活動も出来るようになり自分の将来を見据えて生活できるようになったのは大きな変化でした。

友人にも「最近明るくなった」と言われ仕事も前向きに取り組めるようになりました。

お金が必要だと考えているだけでは前に進めない

払わなければならないお金は、いつか必ず払わないといけません。

どうにもこうにも首が回らないという状況でも必ず道はあると思います。

私の場合は家族や友人に助けを求められず自分1人で背負い込んでしまいましたが、必ず力になってくれる人が居るはずです。

家族や友人、兄弟、知り合いなど誰かに思い切って相談してみてもいいかもしれません。

誰かの協力を得ることが大事だと思います。私のように借金を借金で返すような泥沼にはまる前に誰かに話をしてみてください。

私の場合は借金の利率などをよく考えないまま借り入れをしてしまいました。

最初は漠然と毎月指定された金額を返していましたが、そのままではなかなか減らないと思い、市の提供する無料に相談会に参加しました。

そこで担当してくれた弁護士の先生から「まずはいつまでに完済する」という目標を立てるといいと言われ先生と相談し毎月可能な金額を設定し、いつまでに帰すという目標を立てました。

それがモチベーションとなり給料が良かった月はプラス何万円という返し方をして目標よりも早く完済することが出来ました。